×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

→アフィリエイターになりたいのトップページへ

上位表示されるために

他のページからたくさんリンクを貼られる
質の高いページを作ると、気に入ってくれた人がそこへリンクを貼ってくれます。 これが検索エンジンに高く評価されるのです。
検索エンジンは、人間と違ってそのページの意味や内容を理解して、その良し悪しを決める ことはできません。そこで、そのページへ貼られているリンクの数を調べて、そこからページ の質が高いかを計算しているのです。
これはいわば、ページへのリンクを「そのページへの1票」の評価であると考え、その投票数で そのページを評価しているようなものです。誰かがリンクを他のページに貼るということは、 リンクを貼る価値があることを認めたと見なしているわけです。

良いページからリンクを貼られる
すべてのリンクを平等に1票と見なしているわけではありません。
リンク元のページが高く評価されているページだと、そのページからリンクされているページ も高く評価されるようになります。これは、「良いページからリンクされているページは、やはり 良いページである」という考え方からきています。
また、リンク元のページに存在するリンクが少ない方を、 価値が高いリンクであると評価します。これは、リンク数が少ない方が、そのリンクは「厳選 されたリンクである」と見せるからです。

内部リンクを増やす
リンクには「内部リンク」と「外部リンク」があります。
内部リンクは同じホームページ内に貼られたリンク、外部リンクは他のホームページに対して 貼られたリンクをさしています。
ホームページは、一般的に複数のページで構成されています。そして、それらのページが リンクでお互いつながっています。
これら、1つのホームページの内部で利用されている リンクが、内部リンクです。それに対して、1つのホームページから、別の人が管理する 別のホームページへ貼られたリンクを、外部リンクというわけです。
検索エンジンは、それぞれのページが誰によって管理されているのか、どのページとどの ページが同じホームページに属するのか、といったことを判断できないので、内部リンクも 評価の対象とされるのです。

内部リンクを増やすには
階層の深いところにあるページに、かならず「戻る」リンクをつけること。
上層ページに戻るリンクは、単に内部リンクを増やすだけでなく、「行き止まりの ページをなくす」効果もあります。あるページにアクセスした人が、あなたの作成した 他のコンテンツを見たいと思っても、もしそのページに全くリンクがなかったら、 他のページがどこにあるのか、アクセスしてきた人は全く知りませんから、特にこういった リンクは効果があります。

ページにメニューをつける。
画面の上部や左側などに、常に表示されるメニューを作成すること。メニューには、そのページ の他のコンテンツへのリンクを並べます。
行き止まりページをなくし、アクセスしてきた人が他のページに行きやすくなる他、あなたの ホームページに他にどんなコンテンツがあるのかをアピールする手段にもなるので、アクセス 向上にも直接役に立ちます。

サイトマップを作る
サイトマップは、1つのページに他の全てのページへのリンクを貼り付けるだけで完成です。
ただしあくまで人間向けに用意されるものなので、リンクだけをずらずらと並べるのではなく、 順番を整理したり、ページ毎の簡単な注釈をつけるなど、きちんと見やすくなるように工夫する といいでしょう。そして、サイトマップへのリンクは、トップページをはじめ、アクセスしてきた 人がわかりやすい場所に設置するようにしましょう。

キーワードを決める
どんなキーワードで検索されても常に上位に表示されるというのは不可能です。
そこで、「このキーワードで検索された時には上位に表示される」というキーワード を決め、目標を絞り込むのです。そしてロボットがやってきた際に、目標に定めたキーワード が、ページ内で重要であるということを認識できるようにしてやることで、検索結果の 上位に表示されるようになるのです。

選択するキーワードは、なるべくたくさんの人に検索されるものにする。
ページの特徴を一言で表せ、なおかつ自分のホームページの存在を知らなくても思いつきそうな キーワードにするのがポイント。

2つ以上のキーワードで上位表示されるものを狙う。
たくさんの人が検索する一般的な単語であるほど、対象となるページ数は増えライバルが 多くなり、上位に表示されるのは難しくなります。複数のキーワードの組み合わせにターゲット を絞ることで対象(ライバル)ページも少なくなります。

各ページごとにキーワードを決める。
各ページ毎に別々のキーワードを設定して検索エンジン対策を行うことができます。

重要なキーワードをロボットに理解させる
キーワードの重要性は、その書かれている位置と、出現した回数から計算します。

目標を定めたキーワードはなるべくたくさん繰り返し登場させる。
キーワードの出現回数とは、そのキーワードがページ中に何回登場しているのか、 ということです。ページ中に1回しか出てこない言葉よりも、たくさん繰り返されて いる言葉の方が重要視されるわけです。

タイトルには必ずキーワードをつける。
タイトルとは、ホームページを開いたときに、ウインドウのタイトルバーに表示される文章 のことです。HTMLファイル中ではTITLEタグで囲まれている文章をいいます。
タイトルは文字通り、ページの内容を端的に表す表札のような意味を持つので、検索エンジンも そこに書かれたキーワードは、ページの中でも重要な意味を持つだろうと見なすのです。

タイトル内の最初の方にキーワードをおく
タイトルの最初(左側)に書かれたキーワードほど重要であると解釈されます。
たとえば、「西三河」をキーワードにした場合、「美味しいものが食べたい西三河編」とする よりも「西三河編美味しいものが食べたい」とした方が良いということです。

本文中のキーワードも先頭におく
ページの先頭に近いキーワードほど重要なキーワードと見なされます。
文章の先頭にキーワードを含んだ要約や、そのページを一言で表す一文を入れておけば、 ページにアクセスしてきた人にも、そのページがどんなページかがすぐに分かるので、 一石二鳥といえるでしょう。
ちなみにページの先頭というのは、HTMLデータの中でなるべく前のほうにある、 という意味です。ようするにBODYタグの書かれているすぐ後。

他にも重要視されるタグがある
Pタグ(段落)や、H1〜H6タグ(見出し)、STRONGタグ(強調)EMタグ(斜体) で囲まれた部分など、ページの中で、意味的に重要だったり、強調するような部分を重要な キーワードとして認識します。

アンカーテキストも重要視される
アンカーテキストとは、そのページ内に含まれるものではなく、そのページへのリンク部分に 書かれている文字列のことです。
外部リンクの内容を操作することは難しいので、自分自身で操作が可能な内部リンクで アンカーリンクを充実させましょう。
例えば、ページの最後につける前のページへ戻るためのリンクは、単に「戻る」とするよりも、 「○○のページに戻る」とするほうが効果的なのです。

METAタグでキーワードを埋め込む
かつて検索エンジンは重要視していたが、METAタグを悪用するケースが目立つようになって しまったため、最近の検索エンジンではあまり重要視してくれなくなっています。
しかし、重要視しないというだけで全く無視するわけではないので書いておいたほうが いいでしょう。




→次のページへ


→アフィリエイターになりたいのトップページへ





キレイになりたい 筋肉をつけよう 美肌になろう 食事を考えよう プロテインの種類 プロテインの摂取方法 水分補給 1食置き換え型ダイエット ニキビについて シワ、たるみについて 正しいダイエット方法 ニキビ対策 シワ対策 たるみ対策 シミ対策 くすみ対策 毛穴の黒ずみ対策 便秘対策 目の下のクマ対策 青汁 ダイエットクッキー ダイエットシェイク マクロビオティック ヨガ アンチエイジング マッサージクリーム UVカット 岩盤浴 イオン導入器 トライアルセット 美味しいものが食べたい 西三河厳選グルメ 西三河くちコミグルメ 全国厳選グルメ 全国くちコミグルメ お取り寄せグルメ 情報提供者様ブログ一覧 キレイになりたい(ブログ) 西三河グルメ〜今日のごはん何にしよ♪〜 HP作成日記 オススメ本 家計に優しいお得な情報 お取り寄せ生活♪ はじめての妊娠日記 妊婦ママ応援サイト 西三河 de ランチ 西三河 de モーニング 住宅ローンの賢い借り方・返し方 最初にかかるお金 いくらまで借りられるか 金利 金利のタイプ 返済期間 返済方法 繰り上げ返済 借り換え